時事

【カルロスゴーン】逃亡に使った楽器ケースはコントラバス?黒いケースの正体とは?画像も。

2019年12月31日、保釈中だったカルロスゴーン被告がレバノンへ逃亡したという衝撃的なニュースが入りましたね。

この時、逃亡に使用したといわれているのが「楽器ケース」

ゴーン被告は楽器ケースに入って運ばれていったようなのですが、「一体何の楽器ケースを使ったのか」が話題に。

カルロスゴーンは何の楽器ケースに入って逃亡したのか、調べてみました。

カルロスゴーンが使った楽器ケースはコントラバス?

「NEW YORK POST」でも、ゴーン被告の逃亡について書かれています。

Friday’s report, which cited sources familiar with a Turkish probe into the 65-year-old’s getaway, said he appears to have been sneaked on the plane in a black container that is often used for audio equipment. The apparently empty container was later discovered on the aircraft by Turkey-based aircraft operator MNG Jet Havacilik AS. NEW YORK POST

こちらは記事を一部抜粋したものですが、この中で「ゴーン被告はオーディオ機器によく使用される黒い容器に入れられた飛行機に潜入したようだ」と書かれています。

また、楽器ケースの色は黒だったようですね。

ニュースをみた人の声からも、コントラバス説が多く挙がっています。

コントラバスのケース、人は入れるの?

コントラバスのソフトケースは硬質のものと比べると肌触りが良いそうです。そしてコントラバスのソフトケースは暖かいとか。今の時期にはピッタリです…。

気になる大きさですがはどうでしょうか。

おおよそ楽器が190cm。ゴーン氏の身長は170cm。
ケースには何とか入れそうです。

黒いケースの正体とは?

黒いケースの正体は「コントラバス説」が濃厚ですが、他にはどのような楽器が考えられるでしょうか。

ハープ
チェロ

ティンパニー

ティンパニー

どれも大きく入りそうですが、移動のしやすさや入りやすさを考えるとコントラバスのケースが濃厚ではないかと考えられます。

どこから楽器ケースに入ったの?

ゴーン被告は2019年12月29日に一人で外出する姿が防犯カメラにとらえられていたようです。(2020年1月4日時点)

日本で会社法違反などの罪で起訴され、公判を前に出国した日産自動車(Nissan Motor)元会長のカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)被告について、NHKなどは3日、ゴーン被告の東京の住宅に設置されていた監視カメラの映像に、出国当日に同被告が一人で外出する姿が捉えられていたと報じた。 YAHOO NEWS

ゴーン被告は外出後に協力者と待ち合わせていたと考えられています。

合流した後に楽器ケースに入ったのか、そもそも楽器ケースだったのか詳しい状況は捜査中ですが、もし楽器ケースを使ったのであれば、合流後に使用した可能性が高いですね。

まとめ

拘置所から釈放された時も返送していたゴーン容疑者。
楽器ケースを使っての逃亡には驚きですね。

逃亡経路や詳細については今後の捜査に注目していきましょう!

ゴーン被告、レバノンへ出国。逃亡先レバノンの反応は?なぜ逃亡先に選ばれた?最新情報も!2019年12月31日、保釈中だった日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が フランスへ出国していたことがわかりました。 今回の...

https://neoti-blog.com/enyry/carlosgosn-nyuukokuzai

【最新】ゴーン被告の逃亡経路は?タクシーで移動?逃亡したかった理由もわかりやすく解説!金融商品取引法違反の疑いで逮捕され、保釈中であったカルロス・ゴーン被告が2019年12月31日にレバノンへ出国しました。 出国まで...
スポンサーリンク