時事

【2020】マイナンバー通知カードが廃止!紛失したらどうする?再発行の手続きはどうしたらいい?

2020年5月25日でマイナンバー通知カードが廃止となります。

そのため、4月下旬から、役所に駆け込む人が増加しているようですが、紛失してしまって焦っている人も多いようです。

そこで今回は、マイナンバー通知カードを紛失してしまった時はどうした良いのか、再交付が5月25日までに間に合わない場合はどうしたらいいのかについて調査していきます。

スポンサーリンク

マイナンバー通知カードが廃止

2020年5月25日、マイナンバー通知カードが廃止となるため、慌てている人も多いのではないでしょうか。

マイナンバーカードと混同してしまう人が多いようですが、マイナンバーカードとマイナンバー通知カードについて説明していきます。

マイナンバー通知カードとは

通知カードは、住民の方々にマイナンバーを通知するもので、平成27年10月中旬以降、住民票を有する全ての住民に対し、簡易書留により郵送されています。

通知カードは紙のカードで、あなたのマイナンバーの他、住所、氏名、生年月日、性別等が記載されており、透かし等の偽造防止技術も施されています。

ただし、顔写真は記載されておらず、通知カードを使用してマイナンバーの確認と本人確認を同時に行うためには、別に運転免許証や旅券等の本人確認書類が必要となります。

引用元:総務省

マイナンバー通知カードとは、「マイナンバー」を知らせるカードであり、マイナンバーカード作る為に必要な書類となります。

基本的に、「マイナンバー」を通知する目的のカードのため、身分証明として使うことは出来ません。

しかし、これまでは「通知カード」でも使用できることが多かったので、そのままにしている人が多かったようです。

マイナンバーカードとは?

マイナンバーカードは、プラスチック製のICチップ付きカードで券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真等が表示されます。

本人確認のための身分証明書として利用できるほか、自治体サービス、e-Tax等の電子証明書を利用した電子申請等、様々なサービスにもご利用いただけます。
引用元:地方公共団体情報システム機構

マイナンバー通知カードとの大きな違いは、身分証として使用することが出来る点ではないでしょうか。

特に運転免許証を持っていない人の場合は、身分証明を1枚で行うことが出来るので、楽になりますね。
スポンサーリンク

マイナンバー通知カードが廃止されるとどうなる?

マイナンバー通知カードの交付・再交付の中止

氏名・住所等に変更があった場合、記載事項の変更は行えない

マイナンバーカードに変更するために必要な「マイナンバー通知カード」。

再交付もされないとなると、現在紛失してしまっている場合はどうしたらよいのでしょうか…?

手元にマイナンバー通知カードがある場合

住所・氏名に変更ない場合は当面の間、引き続き使用することが出来ます。

※いつまで有効なのかは決まっていませんが、早めに切り替える方がよいでしょう。

現在紛失している場合の対処法は?

マイナンバーカードは申請して再交付されるまでに1か月程度かかります。

基本的には、市区町村の窓口で再交付の申請を行います。

今からの申請だと、再交付には間に合わないか、心配…

確かに、5月中旬以降にマイナンバー通知カード再交付の申請手続きを行っても、5月25日までに再交付が間に合わない可能性が高いです。

その場合は、「マイナンバーが記載された住民票」取りよせて、マイナンバーカードを申請することが可能です。

そのため5月25日以降は、使用できるマイナンバー通知カードやマイナンバーカードが手元にない場合、マイナンバーカードの提出が必要なたびに、

「マイナンバーが記載された住民票」

を取り寄せなければならないので、早めに「マイナンバーカード」を作ってしまうことをおススメします。

マイナンバーカードも近いうちに、「有効期限」が決まってしまう可能性があるので、早めにマイナンバーカードに切り替えたほうがよさそうですね。

自宅外で紛失した可能性がある場合

この場合は、いくつかの手続きを行う必要があります。

①マイナンバー情報の一時停止申請をする

②役所または警察署に遺失届を行う

③市区町村役所の窓口で発行(再発行)手続きを行う

①のマイナンバー情報を停止するには「マイナンバー総合フリーダイヤル」に電話する必要があります

マイナンバー総合フリーダイヤル

電話番号:0120-95-0178

受付時間
平日   午前9:30~午後20:00

土日祝午前9:30~午後20:00

※マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付け

②で遺失物の届け出を行うと、『受理番号』をもらえるので、この「受領番号」は必ず取っておき、市区町村役所に申請の手続きに行く場合は必ず持っていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

政府からの「特別給付金」によって、マイナンバーカードに注目が集まり、廃止されることが判明したマイナンバー通知カード。

突然の話のように思えますが、実は1年前から決まっていたようです。

注目されるタイミングが悪かったこともあり、混乱している人も多いようです。

焦り過ぎる必要はなさそうですが、早めにマイナンバーカードへ切替えたほうが後々面倒にならなそうですね。

スポンサーリンク