時事

【最新】ゴーン被告の逃亡経路は?タクシーで移動?逃亡したかった理由もわかりやすく解説!

金融商品取引法違反の疑いで逮捕され、保釈中であったカルロス・ゴーン被告が2019年12月31日にレバノンへ出国しました。

出国までに様々な関門がある中、見事に潜り抜けて出国したゴーン被告。

国内では出国までの経路について様々な憶測が飛び交っていますが、ゴーン氏はどのようにして出国したのでしょうか。
また、リスクを負ってでも出国したかった理由は何なのか、気になる疑問を調べてみました。

ゴーン被告の逃亡経路は?

出国当初は家から楽器ケースに入って運ばれたのではないか、という憶測が飛び交っていましたが、防犯カメラにゴーン氏が外出する姿が映っていたことがわかり、家から外出する時点では一人だったことがわかります。

ただし、すべてを一人で行うことは不可能ですね。

ではどのような経路で、協力者とはどこで合流したのでしょうか。

関西国際空港まで

自宅から品川駅まで ゴーン氏が自宅(東京都港)から一人で外出する姿が防犯カメラに残されていたのは2019年12月29日の14:30頃。

その後、自宅近から800mほどのホテルでで協力者と落ち合う。

その後落ち合った協力者と共に品川駅から東海道新幹線で大阪に向かう。

品川駅から新大阪駅まで 東海道新幹線で協力者2人とともに乗車。
新大阪駅から空港まで 協力者2人と共に19:30頃には新大阪駅へ到着。

駅前からはタクシーに乗って空港近くのホテルへ向かったとされています。

ホテルからは男2人が大きな箱を持ってタクシーで関西国際空港へ移動。

関西国際空港からレバノンまで 関西国際空港から23時頃プライベートジェット機が離陸。

協力者2人というのは米国籍の男2人。

ゴーン被告と落ち合ったホテルの防犯カメラには米国籍の男2人とともにゴーン被告が映っていたようです。

また、「関西空港近くのホテルから、男2人が大きな箱を持って出てきた」とありますが、ゴーン氏はホテル内で楽器ケースの中に隠れたようですね。

関西国際空港からレバノンへどうやって出国した?

ANAやJALなど航空会社を使う利用者とプライベートジェット機を利用する者とでは、出国までに使う施設が違ってきます。

プライベートジェットの施設ではエックス線検査機が大きな荷物には対応しておらず、この盲点を利用して、ゴーン被告は出国したと考えられています。

プライベートジェット機の後方からは、ゴーン氏が入っていたとされる楽器ケースが見つかっており、呼吸用の複数の穴があけられていたとか。

国土交通省によると、プライベートジェットは出国時の荷物検査が義務づけられていないとされています。

国土交通省【https://www.mlit.go.jp/koku/koku_bj1_000026.html】

こうした盲点の把握や協力者の準備など、ずいぶん前から計画されていたのではないかと考えられますね。

実際、協力者2人は今回の計画実行のために、日本へ数十回以上下見に訪れていたようです。

ちなみに、今回の協力者2人は元米特殊部隊の隊員だったとされています。

タクシーも移動手段

空港までに2回タクシーになる機会がありましたね。

空港利用客が多い場所であるため、外国人の利用客も珍しくないはず。

タクシー運転手も「また、外国のお客さんだな」くらいの認識で気が付かなかったのかもしれませんね。

米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は3日、米陸軍特殊部隊グリーンベレーで活動した経験を持つ民間警備会社の人物ら2人が経由地のトルコ・イスタンブールまでゴーン被告に同行し、逃亡を手助けしていたと報じた。 産経ニュース

どのようにして、こうした人物と知り合ったのか、驚きですね…。

そこまでして逃亡したかった理由とは?

ゴーン被告は2019年12月31日に声明文を発表しています。

「私はいま、レバノンにいる。日本の司法制度にとらわれることはなくなる。もう不正な司法制度の人質ではない」
「日本の司法制度は、国際法や国際条約により守らなければならない法的義務を著しく無視している。有罪が前提で差別が蔓延り、基本的な人権を否定している」
「私は正義からではなく、不正と政治的迫害から逃れたのだ。やっと自由にメディアとコミュニケーションができるようになった。来週から始めることを楽しみにしている」

保釈中は条件として、妻との面会制限や、パソコンの利用制限などに対し苦痛を感じていたゴーン被告。

弁護士へも「人権が侵害されている」と漏らしていたようです。

様々な監視からのストレスが積み重なり、今回の逃亡劇となったのでしょうか。

会見では何を話すのか?

2020年1月8日には逃亡先から会見が予定されており、逃亡理由についても明かされる予定です。

ゴーン被告が何を話すのか、世界が注目しています。

【カルロスゴーン】逃亡に使った楽器ケースはコントラバス?黒いケースの正体とは?画像も。2019年12月31日、保釈中だったカルロスゴーン被告がレバノンへ逃亡したという衝撃的なニュースが入りましたね。 この時、逃亡に使...

https://neoti-blog.com/enyry/carlosghosn-kaiken

スポンサーリンク

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/main.jp-8675db9095c133ca/web/neoti-blog/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/main.jp-8675db9095c133ca/web/neoti-blog/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9