Life

山口県上関町の上関大橋に段差20センチ!通行止め解除は?補修工事はいつ行われた?

山口県上関町の上関大橋に20センチの段差が発生し、全面通行止めとなっています。

現場はどこで、通行止め解除はいつになるでしょうか。

また、補修工事はいつ行われたのでしょうか。

山口県上関町の上関大橋に20センチの段差

14日午後8時ごろ、山口県上関町の上関大橋で乗用車1台が橋と道路のつなぎ目にできた段差に衝突する事故があった。柳井署によると、橋は上下線とも全面通行止めとなっており、復旧の見通しは立っていない。町は対策本部を設置し、臨時の船便を出して町民たちを輸送している。

片側1車線の上下線に発生した段差は高さ約20センチ。同署などによると、橋の連結部分が何らかの原因でずれ、段差ができたとみられる。

上関大橋は県が管理する同町の室津半島側と長島とを結ぶ唯一の道路で長さ220メートル、幅8メートル。1969年6月に開通した。町によると、長島には768世帯、1357人(1日現在)が暮らしている。

引用:中国新聞社

 

現場はどこ?

現場の写真から、上関大橋の室津半島側と見られます。

スポンサーリンク

通行止め解除はいつ?

2020年11月15日現在で、全面通行止めの解除のめどは立っていないようです。

室津半島側と長島とを結ぶ唯一の道路であることから、一刻も早い通行止めの解除が望まれます。

スポンサーリンク

補修工事はいつ行われた?

上関大橋の補修工事は、報告書にまとめられています。

報告書によると、補修工事は2011年8月23日~2013年3月29日に行われています。

スポンサーリンク

事件に対するネットの声

 

スポンサーリンク