時事

高山義浩医師(厚生労働省)の経歴や評判は?岩田健太郎医師への反論が話題に!

2020年2月18日に神戸大学医学研究科感染症内科教授の岩田健太郎医師がダイヤモンドプリンセス号の内部の状況についてユーチューブ動画を上げました。

この動画に対し、高山義弘医師が2月19日にFacebookで自分自身の見解を述べた記事を上げたことで話題となっています。

記事を上げた高山医師とはどのような人なのか、とても気になりますね。

そこで今回は

高山義弘医師の経歴や評判は?

高山医師の見解とはどのようなものなのか

について調査していきます。

スポンサーリンク

高山義浩医師とは?

プロフィール

氏名:高山 義浩(たかやま よしひろ)

生年月日:1970年(49歳)

出身地:福岡県福岡市

高山医師も沢山の経験を積まれている方で、経歴も凄いです。

経歴

東京大学医学部保健学科卒業

卒業後はフリーライターとして世界の貧困と紛争をテーマに取材を重ねる

2002年山口大学医学部医学科卒業、医師免許取得。

国立病院九州医療センター、九州大学病院での初期臨床研修

2004:佐久総合病院総合診療科にて地域医療に従事。また、人身売買被害者を含む無資格滞在外国人に対する医療支援を行なう。

2008:厚生労働省健康局結核感染症課においてパンデミックに対応する医療提供体制の構築

2010:沖縄県立中部病院において感染症診療と院内感染対策に従事。中部病院内に地域ケア科を立ち上げ、退院患者のフォローアップ訪問や在宅緩和ケアを開始。

2014:2014年より厚生労働省医政局地域医療計画課において高齢化を含めた日本の社会構造の変化に対応する地域医療構想の策定支援

2015年:沖縄県立中部病院に戻り、急性期病院と地域包括ケアシステムの連携推進

これまでに『アジアスケッチ 目撃される文明・宗教・民族』(白馬社、2001年)をはじめ、数多くの著書も出版されています。

最初から医師を目指していたわけではなかったんですね。

高山医師が「医者」を目指すきっかけとなったのが、子供たちが感染症で亡くなっていくカンボジアの農村の現状を目の当たりにしたことだそうです。

カンボジアの農村で社会調査をしていました。そこで多くの乳幼児が感染症で死亡していることはわかるのですが、その原因も、どうすれば助けられるのかも全くアセスメントできなかったのです。現場にいながら、自分には何も分からない。何もできない。その無力感が、医師を目指したきっかけでした。   引用元:DOCTOR ASE

高山医師は地域での活動が多いですが、「社会の成り立ちと感染症の関わりについて、地域で活動しながら考えている」と話しています。

発展途上国での現状が高山医師の現在につながっているのですね。

高山医師はこれまでの活動や経験も豊富であるためか、肩書も沢山持っています。

群馬大学医学部非常勤講師

神戸大学医学部非常勤講師

琉球大学医学部非常勤講師

日本医師会総合政策研究機構非常勤研究員

沖縄県地域医療構想検討会議委員

沖縄県在宅医療・介護連携推進事業統括アドバイザー

うるま市高齢者福祉計画策定委員会委員

スポンサーリンク

高山医師の評判は?

地域との関りを大切にし、特に悪性腫瘍終末期の患者さんを対象とした在宅医療に力を入れている高山医師ですが、評判はどのようなものなのでしょうか。

とても熱心な先生
まじめで丁寧

普段の診療では、「真面目」「丁寧」という評判が多いようです。

スポンサーリンク

高山医師の見解を示した記事とは

岩田医師の動画の中で、誤解されかねない言い回しや、事実と多少なりとも異なる点について、詳しく書かれています。

今回のFacebookへの投稿に対しては、高山医師へ様々な意見が上がっているようです。

立場や視点が違えば、意見も異なってくるという意見も多く見られました。

乗船時間も長ければ長いほど、見えてくるものは違うのかもしれませんね

まとめ

高山医師も岩田医師も、立場や視点が異なっているので意見が違ってくるのも当然のことかもしれません。

しかし、岩田医師と同じく、高山医師も沢山の経験を積まれてきた方。

岩田医師や高山医師を含めた医療関係者や国が、今回の問題点に対して話し合い、今後の対策に生かせる土台作りを行うことが必要なのかもしれません。

今後、今回の事柄を契機に、次回同じことが起きた時に活かせるような対策・整備が進んでいくことを期待したいですね。

岩田健太郎(神戸大教授)に批判があるのはなぜ?「COVID-19製造機」発言で話題に!2020年2月18日に神戸大学医学研究科感染症内科教授の岩田健太郎さんがユーチューブ動画を公開しました。 現在横浜港に停泊している...
橋本岳議員の経歴・評判は?兄も国会議員?岩田健太郎医師への圧力の理由は?2020年2月18日、新型コロナウイルスの感染が広まっている「ダイヤモンドプリンセス号」へ神戸大学教授の岩田健太郎医師が乗船しましたが、...

https://neoti-blog.com/enyry/huketuruto

https://neoti-blog.com/enyry/sennpukukikan-syokubahukki

スポンサーリンク