テレビ

【耳をすませば】実写化決定!天沢聖司役に松坂桃李はなぜ?高橋一生を希望する声多数!

2020年1月14日、ジブリ映画「耳をすませば」の実写化が決定したというニュースが入りましたね。

月島雫役を清野菜名さん、天沢聖司役を松坂桃李さんが演じます。

アニメの天沢聖司役は高橋一生さんが声優を務めた作品ですが、今回の配役はなぜ松坂さんとなったのか、高橋一生さんを希望する人の声も調べてみました。

ジブリアニメ映画「耳をすませば」実写化決定!

1995年に公開されたジブリ作品「耳をすませば」

今回実写化が決定し、2020年9月18日に公開となる予定であることが発表されました。

スタジオジブリが1995年にアニメ映画化した『耳をすませば』が、女優・清野菜名と俳優・松坂桃李のW主演で、実写映画化されることが発表された。原作の世界観を再現する「あの頃(過去)」と、オリジナルで加わる「10年後(現在)」を描く。清野は「とてもうれしく光栄」と喜び、松坂も「月日を経て描かれる“その後”の物語に関われることをうれしく思います」と出演に笑顔を見せる。公開は9月18日。 YAHOO!ニュース

中学生時代の役はこれから決定するとのことですが、オリジナルで描かれる10年後の役を演じられるのがこのお二人になるのですね。

天沢聖司役に松坂桃李はなぜ?

1995年に公開されたアニメ映画では天沢聖司の声優を務めたのは「高橋一生さん」。今回の配役は松坂桃李さんとなったわけですが、この理由はどうしてなのでしょうか。

設定が10年後だった

今回の映画の中での設定は10年後。現在松坂桃李さんは31歳、高橋一生さんは39歳であるため、年齢的な部分があったのではないでしょうか。

高橋一生さんは十分見た目が若々しいですが、実際の年齢と照らし合わせた結果の配役だったのかもしれませんね。

アニメの天沢聖司に似ている

松坂桃李さん、アニメの天沢誠二に外見や雰囲気が似ていますね。


アニメにいかに寄せるか、といった視点でみると、松坂桃李さんはぴったりですね…!

高橋一生を希望する声多数!

松坂桃李さん、演技も素晴らしい俳優さんなので、配役には申し分ないのですが、やはり声優を務めていた高橋一生さんを希望する声も多くあります。

20年後の設定で高橋一生さん

声の中で多かった意見が、「20年後の設定」で高橋一生さんをみてみたいという声です。

声優の人が実写版を務めれば、話題性もあって魅力も増しそうですね。

まとめ

今回は10年後の設定実写化されますが、20年後設定の高橋一生さんも見てみたい人は多いようですね。

とはいえ、松坂桃李さんが演じる天沢聖司も魅力。どんな実写映画になるのか、公開が楽しみです。

スポンサーリンク