時事

【御殿場市市長】若林洋平の経歴や評判は?休業補償が「すばらしい」と話題!

2020年4月8日、静岡県御殿場市が新型コロナウイルスによる休業補償として上限金額100万円をきゅうふすることが分かりました。

国の方針が定まらないなかでの御殿場市の措置に対し、国民からは「素晴らしい」との声が相次いで上がっています。

このような措置を講じた市長がどのような人なのかとても気になりますね。

そこで今回は、御殿場市市長の若林洋平さんの経歴や評判について調査していきます。

スポンサーリンク

静岡県御殿場市市長 若林洋平さんの経歴

プロフィール

氏名:若林洋平(わかばやし ようへい)

生年月日:1971年12月24日(48歳)

出身地:茨城県

学歴:埼玉大学理学部科学科

好きなこと:美味しいそばを食べること。野球やスキー、スポーツ全般。

若林さんの髪型は「富士山カット」だそう。素敵なチャームポイントですね!
経歴

大学卒業後、大正製薬株式会社医薬部に就職

2001:御殿場市に住民票を移す。社団法人 有隣厚生会富士病院へ勤務

2003:富士病院事務長。医療法人駿東育愛会 駿東共立産婦人科医院事務長

2004:社会福祉法人寿康会徳風園評議員。社団法人 有隣厚生会富士小山病院事務長

2009:御殿場市長へ就任

引用元:『若林洋平オフィシャルホームページ』

市長になる前は医療関係に携わていたのですね!

大学は理学部だったことから製薬会社では薬品関係の仕事をしていたのかもしれませんね。

2009年から現在まで継続して市長を務めている若林さん。
年齢は若いですが、市民からの信頼は厚いようですね。

スポンサーリンク

若林洋平市長の嫁や子供は?

若林さんは現在3人のお子さんがいる『パパ』。

奥さんやお子さんについての詳細は記載されていませんが、若林さんの年齢も若いので、まだ手がかかる時期のお子さんなのではないでしょうか?

奥さんのサポートも力になっていそうですね。
スポンサーリンク

若林洋平市長の評判は?

初当選した2009年は当時の市長を1789票差で破り当選。

市民からの期待が大きかったという証拠ですね。

その後の2期、3期と続けて当選していることから、市民の期待に応えらえており、信頼されている何よりの証拠なのではないでしょうか。

若林洋平市長の知名度が上がった出来事は、2020年4月8日に打ち出した、「休業補償」

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を阻止するため、バーやナイトクラブに休業するよう要請。更に上限金額を100万円とした補償も打ち出しました。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、静岡県御殿場市がバーやナイトクラブなどに休業を求め、補償もすると発表しました。

「御殿場市は神奈川県にも隣接している。バー、ナイトクラブ、キャバレーに市から休業要請させていただく」(御殿場市 若林洋平市長)

御殿場市は8日、市内におよそ200店舗あるバーやナイトクラブなどに休業を求めました。今月16日からの15日間で、平均的な売り上げの半分ほどを補償する方針です。

引用元:TBS NEWS

御殿場市はプレミアムアウトレットや観光施設など、観光客が絶えない場所。観光客をターゲットにしたバーやナイトクラブは数多く存在しています。

現在御殿場市内で新型コロナウイルス感染症を発症した人は0人だそう。感染拡大により、観光客が持ち込んでしまう可能性もあるため、観光客が多く集まる場所に対し自粛や休業を要請しているようです。

アウトレットも4月10日より当面休業となるようです。

補償について市長は

「助けるというよりも、一番大事な観点は感染拡大防止」

と話しており、休業要請だけではなく、補償や感染についても考えている市長の行動に多くの称賛の声が上がっています。

平林市長に対するネットの声

給付金の用意など、大変なことを分かったうえでの措置に称賛の声が多く挙がっていますね。

御殿場市の若林市長の評判もとても良いようですね。

まとめ

今回の件で、知名度が上がった御殿場市市長の若林洋平さん。

課題は山積みですが、これからも御殿場市のために頑張ってほしいですね!

スポンサーリンク

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/main.jp-8675db9095c133ca/web/neoti-blog/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/main.jp-8675db9095c133ca/web/neoti-blog/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9