時事

岩田健太郎(神戸大教授)に批判があるのはなぜ?「COVID-19製造機」発言で話題に!

2020年2月18日に神戸大学医学研究科感染症内科教授の岩田健太郎さんがユーチューブ動画を公開しました。

現在横浜港に停泊している「プリンセスダイヤモンド号」の内部の状況について、実際に乗船してみて感じたことを伝えている内容となっています。

この行動に対して、批判した声があるものの内部の状況がとても分かりやすいとも話題です。

そこで今回は

岩田健太郎さんに批判の声があるのはなぜ?

動画の内容とはどのようなものか

について調査していきます。

スポンサーリンク

岩田健太郎さんとは?

岩田健太郎さんとはどのような方なのか見ていきましょう。

プロフィール

氏名:岩田健太郎(神戸大学医学研究科感染症内科教授)

専門分野:感染症内科 旅行医学 バイオテロ対策

生年月日:1971年(48歳)

出身:島根県

出身大学:島根医療大学(現:島根大学)

岩田健太郎医師は感染症診療のスペシャリスト。

経歴もすごく、様々な経験を積まれています。

経歴

1997年:沖縄県立中部病院研修医

1998年:コロンビア大学セントルークス・ルーズベルト病院で研修医

2001年:ベスイスラエル・メディカルセンター感染症フェロー

2003年:北京インターナショナルSOSクリニック家庭医

2004年:亀田総合病院感染症内科部長、総合診療感染症科部長

2008年:神戸大学大学院医学研究科教授(微生物感染症学講座感染治療学分野)、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長

また、資格も沢山持っているようです。

日本内科学会総合内科専門医
日本感染症学会専門医・指導医
米国内科専門医
米国感染症専門医
日本東洋医学会漢方専門医、修士(感染症学)
博士(医学)
国際旅行学会認定(CTH)
感染管理認定(CIC)
米国内科学会フェロー(FACP)
米国感染症学会フェロー(FIDSA)
PHPビジネスコーチ、FP2級
日本ソムリエ協会シニアワインエキスパート

著書は2002年に「バイオテロと医師たち」を初めて出版されてから、現在までに20冊を超えています。

凄い経歴の持ち主ですね…!
スポンサーリンク

感染症対策に興味を持ったきっかけ

「感染症」を学ぶきかっかけは、大学卒業後に臨床を学んだ沖縄県立中部病院に「感染症科」があったことがキッカケだそう。

ここで感染症の基礎を教え込まれたそう。その後のアメリカ留学でアメリカの感染症対策や知識を学ぶ機会があり、スキルアップにつながったようです。

感染症のスペシャリストですね!

プリンセスダイヤモンド号がCOVID-19製造機?

岩田医師は知り合いを通じてプリンセスダイヤモンド号に乗船することが出来たそうですが、内部の状況があまりにもひどかったと話しています。

内部の状況

感染エリアと非感染エリアの明確な区別がない。

乗船している人全員の感染対策が徹底できていない。(防護服を着けたりつけなかったり、マスクをしていない人もいた)

医療従事者の身を守ることを前提に行動しなければならないのに、全くできていないため、助ける側も感染してしまう。

感染対策について提言しても、官僚が聞く耳を持たないため、感染対策が行われていないのが現状

感染対策が行われていない場所で働いた医療従事者が感染した場合、自分の職場で感染を広めてしまうリスクがある。

感染状況のデータ(体温のデータなど)が全く取れていない。

感染が拡大しているダイアモンドプリンセス号の内部状況を公開していないため、国際的な信用を失っている。

簡単にまとめたものになりますが、このようなメッセージを15分程度の動画でアップされています。

岩田先生は下船されてから、自分自身を隔離している状況だと動画の中で話しています。

それほど感染しやすい状況だったという事ですね…

この内部状況を知った国民からは様々な声が上がっています。

スポンサーリンク

内部状況を知ったネットの声

「怖い」「ヤバい」という声が多いですね…。

一方で岩田医師の声に批判的な意見を持つ方もいるようです。

岩田医師の情報に批判的な声

「ただ煽っているだけ「パニックにさせるだけ」との声もありますね。

批判的な意見の理由としては、現在ダイヤモンドプリンセス号の内部状況は公開されていないため、「情報の真偽が分かりにくい」という事も批判的な意見につながっているのではないかと考えられます。

2020年2月19日には船内の陰性の方が下船となりましたが、感染対策が行われていなかったことで今後発症する可能性があることを考えるととても不安になりますね…。

色んな意見がありますが、船内で感染が急速に拡大しているのは事実。
今後は同じようなことを起こさないための仕組みや組織作りが重要となっていきそうです。

まとめ

岩田医師の動画は否定的な意見もありますが、船内の状況の詳細な情報が伝わってきましたね。

確かに「煽っている」と受け止める方、動画の公開を肯定的に受け止める方と別れますが、どちらにしても今後の対策が重要課題になりそうです。

追記

岩田先生は動画を削除されたようです。

一方で、高山医師の記事内容に対し一部反論している部分もあります。

動画を削除した経緯の詳細は書かれていませんが、このことを契機に改善策を話し合う契機になればよいですね。

橋本岳議員の経歴・評判は?兄も国会議員?岩田健太郎医師への圧力の理由は?2020年2月18日、新型コロナウイルスの感染が広まっている「ダイヤモンドプリンセス号」へ神戸大学教授の岩田健太郎医師が乗船しましたが、...
高山義浩医師(厚生労働省)の経歴や評判は?岩田健太郎医師への反論が話題に!2020年2月18日に神戸大学医学研究科感染症内科教授の岩田健太郎医師がダイヤモンドプリンセス号の内部の状況についてユーチューブ動画を上...

https://neoti-blog.com/enyry/sennpukukikan-syokubahukki

https://neoti-blog.com/enyry/huketuruto

スポンサーリンク