芸能

沢尻エリカ、復帰はもう無理?このまま芸能界引退?復帰を望む声多数!

2020年1月31日、麻薬取締法違反の罪に問われている沢尻エリカさんの初公判が行われました。

被告人質問で女優復帰について問われると「女優復帰を語れる資格はない」と述べたそうです。

女優へ復帰しないのは本当なのでしょうか?その理由は?また、復帰を望む声についてもお伝えしていきます。

麻薬取締法違反の罪で初公判

2019年11月、麻薬取締違反で逮捕された沢尻エリカさんの初公判が2020年1月31日に行われました。

合成麻薬のMDMAやLSDを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優沢尻エリカ被告(33)は31日、東京地裁(滝岡俊文裁判官)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。 日刊スポーツ

この中で女優復帰について問われると、「女優復帰を語れる資格はない」と述べたそう。

事務所のエイベックス・マネジメント側は、沢尻さんの「更生を支援する」という姿勢ですが、女優復帰は難しいのでしょうか。

復帰はもう無理?このまま引退?

確かに、多くのテレビ関係者に影響を及ぼしてしまったことを考えると「語れる資格はない」と話すのも無理はないですね…。

初公判の中で沢尻さんはこのように発言しています。

弁護人 「違法薬物の所持について仕事の関係者に対してどう思いますか」

被告 「今回、逮捕されたことで関係者に多大な迷惑をおかけしました。特にマネジメントのエイベックスのスタッフには(関係先に)おわびに行っていただくなど、大変な苦労をかけました。撮影中の作品も撮り直しを余儀なくされ、キャストやスタッフの方に負担をかけてしまいました。経済的にも大きな損害を与えて、本当に申し訳なく思っています。

女優への復帰は考えていません。影響力のある立場の人間としてあまりに身勝手な行為で、多くの方を裏切り、傷つけてしまった。復帰する資格はない」 毎日新聞

もともと沢尻さんは、物事に対しての決断がはっきりしている人。

公判ではっきりとした自分の考えを述べているので決意は固そうですね。

麻薬取締法違反の罪に問われた多くの芸能人は事務所との関係を断つことが多いですが、エイベックス側は「支援する」姿勢をとっています。

現在医療施設に入院し治療を行っていますが、今後の治療の経過や事務所との話し合いによっては、「復帰」の可能性もあるのではないでしょうか。

復帰を望む声多数

麻薬を使用し、多くの人に迷惑をかけてしまったことは猛省しなければならないですし、更生に向けて努力していかなければなりません。

一方で、沢尻さんの演技力は高く、「もう一度沢尻さんの演技見たい」と思う方は多いようです。

復帰は今後の治療と本人の意向次第

現在医療機関で薬物依存症の治療をしている沢尻エリカさん。

本人は「引退」とは断言していないので、状況によっては復帰の可能性も。

また、沢尻さんの演技を観ることが出来るのか、動向を見守りましょう。

スポンサーリンク