テレビ

【画像】沢田富美子のアイドル時代がかわいい!若い頃と現在の姿を比較!

2020年1月22日、「今夜くらべてみました」に出演の沢田富美子さん。

不動産投資で成功をおさめ、現在は各種セミナーでの講演や不動産コンサルタント、アドバイザリーとしても活躍しています。

現在もとてもきれいな容姿ですが、過去にはアイドル歌手として活動していた経歴があります。

そんな沢田さんのアイドル時代の姿が可愛いと話題となっています。

そこで今回はアイドル時代の沢田さんの姿や現在の姿を比較してみます。

沢田富美子がきれい!

1月22日放送の「今夜くらべてみました」に出演した沢田富美子さん。

年齢は58歳という事ですが、見た目も若々しく、とてもお綺麗ですよね。

そんな沢田さんは過去にアイドル歌手としてデビューし活動ていたんです。
現在の姿から想像すると、とてもかわいらしいのではないかと思われますが…。
早速見てみましょう。

アイドル時代の姿が可愛い!

沢田さんはアイドルデビュー前の1979年に、モスクワオリンピックのイメージガールに選ばれています。

このときにモスクワオリンピックのマスコットキャラクターが主役のアニメ『こぐまのミーシャ』の主題歌「ノルマーリナ・ミーシャ」を初シングルとしてリリースしているのですが、日本がオリンピックをボイコットしてしまったため、正式なデビューは1981年となったようです。

デビュー曲は「ちょっと春風」。アイドル当時の画像

沢田さんは20歳の時に、デビューしていますが、デビュー曲は「ちょっと春風」。

売り上げ枚数は1万枚だそう。1万枚と聞くと、とても多いように感じますが1980年代はアイドル全盛期。

同じ時期に松田聖子さんや中森明菜さん、薬師丸ひろ子さんなど、そうそうたるメンバーがデビューしていた時期です。

1万枚の販売枚数は他の人気アイドルに比べると少なかったそうです。

沢田富美子さんのデビュー当時の画像です。

やはりとても綺麗ですね。

20歳とは思えない、大人っぽさもありますね。

「風のシルエット」発売当時の画像

2曲目の発売当時の沢田さんの画像です。

綺麗な容姿だったため、資生堂や日本旅行などのキャンペーンガールや雑誌の表紙にも起用されたようです。

「愛の泉」発売当時の画像

沢田さんは3枚のシングルをリリース後の1983年に芸能活動を休業し、パリやニューヨークへ留学。

1985年には芸能活動を再開し、「桜井真里亜(さくらいまりあ)」として「哀愁のメキシコ」をシングルリリースしましたが、売れ行きは良くなくアイドル活動はここで終了しています。

その後は声優やラジオのパーソナリティーとしても活躍されていたようです。

現在の姿

では、現在の沢田富美子さんの姿を見ていきましょう。

とても若々しいですね。

とても58歳とは思えません…!

若い頃は「かわいい」印象でしたが、今は「綺麗」という言葉がぴったりな気がします。

自分で事業をこなし、外へ出続けていることが若々しさを保つ秘訣なのかもしれませんね。

まとめ

現在は投資家として活動する一方でメディア出演も多くなってきましたね。

今後はメディア出演を通して更に活動の幅を広げていくのでしょうか。

これからが楽しみですね!

スポンサーリンク

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/main.jp-8675db9095c133ca/web/neoti-blog/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/main.jp-8675db9095c133ca/web/neoti-blog/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9