政治

西村大臣は無能でダメ?吉村府知事へ「勘違い」発言やスーパー視察で批判殺到!

新型コロナウイルス感染症により、対策に奔走している西村康稔経済再生大臣ですが、5月6日に緊急事態宣言の延長をめぐる大阪府・吉村知事の発言に対する発言が話題となっています。

さらに、5月6日には都内のスーパーへ視察を行っていますが、その人数や行動に対しても波紋が広がっています。

そこで今回は西村大臣の言動や、それに対する国民の声について調査していきます。

スポンサーリンク

西村大臣が大阪府知事へ「勘違い」発言の理由は?

大阪府は5日、緊急事態宣言の延長を受けて、自粛解除に向けた独自の“大阪モデル”を公表した。

発表に際して吉村知事は「大事なのはまず数値で示すということなので、まず数値で出口戦略をする」「本来は国で示して頂きたかったが、それが示されないということになったので、府としてのモデルを決定したいと思う」と説明していた。

この件に関する受け止めを聞かれた西村大臣は「報道で承知している」とした上で、

「何か勘違いをされているのではないかと、強い違和感を覚える。各都道府県の裁量で休業要請なり解除なりを行っていただくわけなので、その説明責任を果たすのは当然。都道府県の知事の権限・裁量を増やしてほしいと要請や主張をされながら、『休業要請を解除する要件の基準は国が示してくれないから』というのは大きな矛盾だと思う」と反論。

引用元:ABEMA TIMES

緊急事態宣言発令以降、その解除に関しては明確な基準を示していなかった日本政府。

そのため、吉村府知事は特措法に基づく外出自粛要請や休業要請を段階的に解除する大阪独自の解除基準を設けました。

大阪府知事の「本来は国が示してほしかった」という発言に対し、西村大臣が反論する形に。

法律上、各都道府県の裁量で休業要請や解除は行うことが出来るので、確かに、西村大臣の発言は間違っているわけではありませんね。

西村大臣の発言を受け、吉村府知事はTwitter上で謝罪しています。

今回の件は、お互いのコミュニケーション不足によるところも大きいようです。

吉村府知事はすぐに謝罪文を出したようですが、西村大臣の「勘違い」発言に対し、国民からは批判の声も多く挙がっています。

「勘違い」発言に対するネットの声

スポンサーリンク

大勢でスーパーへ視察の理由は?

新型コロナウイルス対策を担当する西村経済再生担当大臣は6日午後、東京都内のスーパーを視察し、感染を防ぐため少人数での来店を呼びかけるなどの取り組みについて説明を受けました。
大手スーパーの東京都内の店舗を訪れ、まず、会社の幹部や店舗の責任者らと意見交換しました。
引用元:NHK NEWS WEB

西村大臣はスーパーの視察を行ったようですが、状況を把握するためには必要だったのかもしれません。

一方でこのような意見も上がっているようです。

5人以上の団体で視察する必要があったのか

ゴールデンウィーク最終日の昼間という混雑しやすい日時で行う必要があったのか

西村大臣は理由があってのことだったのかもしれませんが、この行動に対しても批判が上がっているようです。

スーパー視察に対するネットの声

スポンサーリンク

まとめ

様々な言動に対して波紋が広がっていますが、考えがあってのことであればしっかり説明してい戴きたいですね。

西村大臣の意図とは何だったのでしょうか…?

スポンサーリンク