芸能

【ウーマンラッシュアワー】村本大輔の芸風は面白くない?実力は?風刺ネタでアメリカ進出?

2020年2月12日、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんがアメリカ進出することが分かりました。

突然のアメリカ進出宣言ですが、「日本のお笑いに限界を感じた」からだそう。

突然の発表にたいして、世間でも様々な声が上がっています。

そこで今回は

村本大輔さんの芸風は?

村本大輔さんのネタの実力や面白さ

アメリカへは風刺ネタで進出するのか

気になる疑問を調査していきます。

村本大輔さんがアメリカ進出!

2020年2月12日、村本大輔さんが2020年度中にアメリカ進出することが分かりました。

突然の発表で驚きますが、理由はなぜなのでしょうか。

日本のお笑いに限界を感じた

村本さんの芸風は政権批判などのいわゆる「風刺ネタ」

日本で風刺ネタをすることに対して、村本さんはこのように話しています。

パッと見たらわかるんですけど、お笑いを見に来てくれる人は女の人が多くて。やっぱり、社会問題に触れた途端に生理的に引いてしまう、みたいな反応が返ってくるわけですよ。

「公文書」って口にしたら、おっさんはニヤニヤするのに対して、若い女性はこのワード1個で嫌悪感というか。ちょっと引いてしまう、みたいな感覚があるんです。

「安倍政権」とか口にしたらもっと引く。でも、気にせず沖縄の基地問題なんかの話を喋りますよね。そうすると、もうバーって引いていくわけですよ。

そうやって、引いて引いて引いていった先にドーンと笑いを取った時の跳ね返り方が、僕は興奮するわけです。     YAHOO!ニュース

村本さん自身は、「風刺ネタ」に対する反応が日本と海外では違うと感じているようです。

村本さんがアメリカに魅力を感じる部分としては

「風刺ネタ」がジャンルとして確立されている。(スタンドアップコメディ)

「風刺ネタ」に対する観客の反応の違い

が挙げられるそう。

2021年の春にはアメリカ進出を目指しているとのことですが、日本での実力や評判はどうなのでしょうか。

村本大輔の芸風は面白くない?実力は?

実力や評判について、ネットの声を見てみましょう。

「面白い」との声もありますが、一方で「面白くない」「実力不足」との声が多いですね…。

まとめ

村上大輔さんの芸風は、好みがはっきり分かれるネタであるため、応援の声の一方で真逆の意見も多く出てしまうのは事実。

アメリカでは確立しているスタンドアップコメディでアメリカでも受け入れられていくのでしょうか?

見守っていきたいですね

スポンサーリンク