政治

諸田ひろゆき議員の会社の名前やマスクの売り上げ金額は?「呆れた」との声多数!

2020年3月7日、静岡県議員の諸田洋之議員がマスクをインターネットオークションで販売していたことが分かりました。

その回数は40回以上とのこと。マスク不足が問題となっている時期での行動に波紋を呼んでいます。

そこで今回は

諸田ひろゆき議員の経歴は?

マスクによる総売り上げはいくら?

諸田議員の行動に対する世間の声

について調査していきます。

諸田ひろゆき県議がマスク転売!

焼津市選出の諸田洋之県議(無所属)がインターネットオークションにマスクを大量に出品していたことが6日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大でマスクが品薄状態の中、入札で高値に釣り上がったケースもあった。       引用元:静岡新聞

マスクが品薄で医療機関にも十分な供給がない中での行為。議員としての素質が問われますね。

この事実に対し、諸田議員はこのように答えています。

諸田氏は取材に対し、出品を認めた上で、出品したマスクは自分が仕事で仕入れた在庫品だと説明。「転売品ではなく、問題ない」と主張した。落札額についても「出品時は1円からスタートしている。落札は相場価格だ」と正当性を強調した 引用元:静岡新聞

1円からスタートするのであれば、県内のマスク不足の医療機関へ寄付する手段もあったのではないでしょうか。不足している状況ではマスクの奪い合いになりかねず、価格は高騰することが目に見えています。

販売するのであれば、正規の値段で販売するべきではないでしょうか。

諸田議員は会社を経営しており、「有在庫」は会社で仕入れたものだった、という事でしょう。

スポンサーリンク

諸田洋之議員とは?

諸田議員とはどのような人なのでしょうか?

プロフィール

氏名:諸田 洋之(もろた ひろゆき)

生年月日:昭和41年9月5日(54歳)

学歴:法政大学大学院卒業

諸田議員の経営する会社は?

諸田議員の経営している会社名は「株式会社 来夢」

ご家族で経営しているようですね。

主に印刷用のインクを販売し、楽天やヤフオクへ出店しているようです。

指摘により、価格が74万円台になっていた医療用マスク2千枚セットなどの出品を3月6日に取り下げているようですが、指摘されなければ高額な値段のママ、販売していたのでしょうか…?

現在、販売されていたマスクは品切れか、取り下げられているようです。
スポンサーリンク

マスクの総売り上げは?

取引履歴や諸田氏の説明によると、諸田氏は2月半ばごろから医療用マスク2千枚セットなどを40回以上にわたって出品し、1回当たり数万~十数万円で落札されていた。

引用元:静岡新聞

マスクは1回あたりが数万円以上
出品回数は40回以上
であることを考えると、最低でも200万円以上の売り上げだったのではないでしょうか。

楽天やヤフオクやヤフオク!の履歴を見ると、売り上げは1000万円以上ともいわれています。

会社でマスクを販売することは良いのですが、マスク不足時に販売方法を「オークション形式」にしてしまうのは、好ましくはありませんね…。

スポンサーリンク

ニュースを知ったネットの声

多くの怒りの声が上がっていますね…。

まとめ

現在マスクの転売に対しての法律が制定される動きがありますが、そんな中での議員の「マスク転売」騒動。

更に、議員という職に就きながらの行動のため、批判が高まっています。

上に立つものとしての身のふるまいを考えてほしかったですね…。

スポンサーリンク