芸能

【30周年】槇原敬之、セルフカバーアルバムの収録曲(曲名)は何?タイトルは「Bespoke」、逮捕で発売中止も?

2020年2月13日、槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反の所持の疑いで逮捕されました。

槇原さんは2020年にデビュー30周年を迎え、企画として2019年からカバーアルバムを発売しています。

今後も発売が予定されており、楽しみにしていたファンは多かったはず。

そこで今回は

セルフカバーアルバムのタイトルや収録されている曲名は?

今後は発売中止?どうなるのか

について調査していきます。

槇原敬之、覚せい剤で逮捕!

2020年2月13日、覚せい剤取締法違反の所持の疑いで逮捕されました。

覚醒剤と危険ドラッグを所持した疑いで、警視庁組織犯罪対策5課は13日、歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)を逮捕した。友人で所属事務所の元代表を18年春に逮捕した際、槇原容疑者との同居先から薬物が見つかったため、捜査を進めていた。逮捕は21年ぶり2度目。               引用元:スポニチ

槇原さんは2020年はデビュー30周年を迎える節目の年。コンサートやイベントなど様々な企画を行う予定でした。

その企画の一つとして行っていたのが、自身が楽曲提供した曲のセルフカバーアルバムの発売。

2019年10月23日には第一弾として『The Best of Listen To The Music』を発売し、大好評となっていました。

2020年3月4日に第二弾が発売される予定でしたが、どうなってしまうのでしょうか…?

第二弾セルフカバーアルバム「Bespoke」

2020年3月4日に発売が予定され、予約も受け付けられていた「Bespoke」

こちらにはどのような曲が収録されているのか気になりますね。

まずは第一弾であった『The Best of Listen To The Music』に収録されていた曲を見てみましょう。

「The Best of Listen To The Music」収録曲

第一弾は、槇原さんが楽曲提供した曲ではありませんが、槇原さんが厳選した曲をカバーしています。

J-POPのみならず文部省唱歌や歌謡曲、洋楽スタンダードまで幅広いジャンルの楽曲に、槇原敬之がカバーすることで新たな輝きをもたらしている『Listen To The Music』シリーズ。

これまで発売した3作の『Listen To The Music』から13曲をセレクトし、さらに新たにフジファブリックの”若者のすべて”とYUKIの”聞き間違い”を録音して全15曲を収録

引用元:タワレコ

    

01. 君に、胸キュン。[YMO]
02. 月の舟[池田聡]
03. traveling [宇多田ヒカル]
04. Your Song [エルトン・ジョン]
05. 言葉にできない[小田和正]
06. ごはんができたよ [矢野顕子]
07. WHAT A WONDERFUL WORLD [ルイ・アームストロング]
08. ヨイトマケの唄[美輪明宏]
09. MAGIC TOUCH [山下達郎]
10. Hello,my friend [松任谷由実]
11. 時代[中島みゆき]
12. Rain [大江千里]
13. Missing [久保田利伸]
14. 若者のすべて [フジファブリック](新録)
15. 聞き間違い[YUKI](新録)

槇原さんの歌声で歌うとまた違った雰囲気となり、とても人気のアルバムです

第二弾「Bespoke」の収録曲

2020年3月4日に発売予定の「Bespoke」は槇原さんが他のアーティストに提供した楽曲をセルフカバーしたもの。

2019年10月よりスタートした30周年イヤーの第2弾作品としてリリースする本作は、初の「提供曲セルフカヴァー・アルバム」。    引用元:タワレコ

1.約束の場所 (CHEMISTRY)

2.かみさまでもえらべない。 (Early Morning)

3.着メロ (藤井フミヤ)

4.イカ大王体操第2 (イカ大王)

5.悲しみの帳 (小林幸子)

6.THE CODE ~暗号~ (鈴木雅之)

7.カガミヨカガミ (高橋みなみ)

8.Sakura Melody (加藤ミリヤ×清水翔太)

9.一番初めての恋人 (平井堅)

10.チキンライス (浜田雅功と槇原敬之)

11.Love & Peace Inside? (SMAP) (全11曲収録予定)

意外と「この曲も槇原さん?」と思う方もいるのではないでしょうか。

槇原さんはアルバムのタイトルにもこだわりがあったそうです。

タイトルの『Bespoke』(読み:ビスポーク)はファッション用語として使用され、テーラーが客と<話しながら>その人に合った服をあつらえることに由来している。作り手である槇原がアーティスト側と話したり、要望を聞きながらイメージし作ってきた楽曲を収録するこのアルバムに相応しいタイトルとして、槇原本人が名付けた。 引用元:タワレコ

数々の人気曲を生み出してきた槇原さんのカバーアルバム第二弾なだけに、楽しみにされていた方も多く、すでに沢山の予約があったようです。

逮捕でアルバム発売中止も?

現在、「Bepoke」の特設ページは閉鎖されており、アルバムがどうなってしまうかの正式な発表はされていない状況です。(公式HP

ここで1度目の逮捕の状況を振り返ってみましょう。

1度目の逮捕ではCD回収

1999年に槇原さんが逮捕された時には、店頭からCDが回収。そのため、ファンが慌てて購入し売り上げが伸びる、といった状況が起こりました。

また、レギュラー番組の打ち切りやライブツアーの中止もされました。

損害賠償金額は7億円にのぼったとされています。

それだけ槇原さんの曲は社会への影響が大きいという事ですね。

2回目の逮捕でもCD回収?

今回も店頭からCDが消えてしまうかは現在決まっていません。

発売が予定されていたアルバムは、レコード会社は使わず自主制作していたもの。

ライブツアーも槇原さん自身が主催していたものだそう。

損害賠償金額は以前の7億円ほどにはならなそうと予想されています。

今後予想されていることとしては

番組内で使用されている楽曲の使用停止

楽曲配信の停止

ライブツアーの中止

が挙げられます。

心待ちにしていたファンにとっては辛い状況ですね…。

「曲に罪はない」とのファンの声多数

多くのファンからは、「曲の回収や配信停止をしないでほしい」との声が多く挙がっています。

「曲には罪はない」との声が多いですね。

まとめ

槇原敬之さんの逮捕は多くの人に衝撃と大きな影響を与えましたが、数々の曲たちはどうなってしまうのでしょうか…?

これからの動向に注していきましょう。

スポンサーリンク