テレビ

【ボードゲーム界のレジェンド】草場純のすごい経歴とは?嫁や子供についても調査【ニノさん】

2020年3月28日に放送のニノさんSPでは出川哲朗さんを知らない人を捜索。ここで出川哲朗さんを知らない人として登場するのが草場純さん。

なんと55年間もテレビを見ない生活を送っているそう。さらに日本のゲームの研究者でもあるそうです。

そこで今回は

草場純さんの経歴とは?

妻や子供はいる?

について調査していきます。

スポンサーリンク

草場純さんのすごい経歴とは?

プロフィール

氏名:草場純(くさば じゅん)

生年月日:1950年(70歳)

出身地:東京

学歴:東京藝術大学卒業

職業:小学校教員(2006年、目の不調により退職)

引用元:wikipedia

年齢はなんと70歳。テレビ上はとても若々しく見えるので驚きですね…!

ゲーム研究

大学時代:漫画研究会所属

1976:ゲームについての最初の論考を『SFマガジン』2月号に掲載

1982:ゲームサークル「なかよし村とゲームの木」を設立(のちに論文も発表しています)

2000:第1回「ゲームマーケット」を主催者として開催。

海外に日本のゲームを送り出すプロジェクト「やぽんブランド」を設立。
引用元:wikipedia

幼いころより、両親からトランプ、花札の遊び方を教わっていたそう。こうした環境が草場しんに影響を与えたのでしょう。

草場さんは忙しい仕事の合間をぬって、ボードゲームやカードゲームの普及と、埋もれた伝統ゲームの発掘に努めてきたそう。

小学校では子どもたちとさまざまな遊びをしてきたそうです。こんな先生がいたら楽しそうですね!

ゲームに関する著書も出版されており、『みんなで! ひとりで! たのしいトランプあそび』など、9冊以上の本を出されているようです。

スポンサーリンク

ゲームの世界にのめり込むきっかけはモノポリー

草場さんはご両親がトランプなどをしていた環境もありますが、ゲームの世界にのめり込む一番のきっかけになったのが「モノポリー」だそう。

ある対談で、草場さんは「戦後に碧素(ペニシリン)国産を主導した八木沢さんの目黒区八雲のお宅で、父の傍らで米語版モノポリーを見たとき。」がハマるきかっけになったと話しています。

当時モノポリーを見ることができる環境だったり、ペニシリンを導入した方と知り合いだったりと、草場さんのご両親もすごい方だったのかもしれませんね…!

モノポリーとは

20世紀初頭にアメリカ合衆国で生まれたボードゲームの一つである。

プレイヤーは双六の要領で盤上を周回しながら他プレイヤーと盤上の不動産を取引することにより同一グループを揃え、家やホテルを建設することで他のプレイヤーから高額なレンタル料を徴収して自らの資産を増やし、最終的に他のプレイヤーを全て破産させることを目的とする。

人生ゲームや奥まっm長者ゲームはモノポリーをアレンジしたもの、ともいわれているそうです。
スポンサーリンク

妻や子供はいる?

ゲームの研究に没頭している草場さんですが、プライベートに関する情報はほとんどありません。

ある対談では、「ゲームの収納に困ったときは、奥さんに逃げていただく」と話している会話があるので、奥さんがいる可能性が高いですね!

また、ご家族は草場さんがゲームに情熱を傾けていることに対して理解をしてくれているそう。草場さんにとっては、とてもありがたいでしょうね…!

「ニノさん」の番組内でもしかすると、こうした情報を話されているかもしれないですね。

まとめ

テレビを見ないことも驚きでしたが、その分、ゲームの研究などに情熱を傾けているということですね。

これからもゲームの研究を更に進めて行かれそうですね!

スポンサーリンク