時事

金正恩は生きてる?死亡説はデマ?証拠ソースはどこ?「フェイクニュースでは?」とも!

2020年4月20日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が重体であると報道されましたが、4月25日には死亡説も伝えられるように。

金正恩氏は「生きている」説や「死亡した」説まで情報が錯綜していますが、結局どうなっているのかがとても気になりますね。

そこで今回は金正恩氏は現在生きているのか、死亡説はデマなのかについて調査していきます。

金正恩は生きてる?死亡説はデマ?

金正恩氏の死亡説

金正恩氏の死亡を伝えている報道元はいくつかあるようです。

美南新聞

2020年4月25日、美南新聞から「金正恩氏の死亡」を伝える内容が報じられました。

しかし、美南新聞はアメリカのヒューストンにある新聞社のため、中国からの報道ではなく、「情報が怪しい」とされています。

香港・衛星テレビ局

ここには「心臓手術が失敗して亡くなった」と書かれています。

このニュースの情報元は明らかになっていないので、何とも言えませんね…。
スポンサーリンク

生きてる説

歩く姿をとらえたという説もあるようです。

韓国紙・東亜日報

一部メディアで重体説が報じられた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長について、24日付けの韓国紙が「歩く姿をとらえた」と報じました。

24日付けの韓国紙・東亜日報は、アメリカ政府関係者の話として、金党委員長が先週から東部・元山(ウォンサン)に滞在していて、「車椅子などを利用せず歩く姿がとらえられた」と報じました。

引用元:TBS ニュース

生きてる説を伝えているのは韓国のみ。

日本は「情報がはっきりしない」と明確には発表していません。

中国はこの情報に関しての情報ははっきりと出していません。

金正恩の肥満と心臓疾患は遺伝?

米CNNテレビは20日、米政府筋の話として、北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長が手術を受け、容体が「大変危険な状態にある」と報じた。手術の詳細については明らかにしていない。

引用元:読売新聞

金正恩氏は2020年2月には狭心症のためステント術を受けたとされる金正恩氏。

ステント術とは

冠動脈の狭くなった部分に金属を挿入し、血管を押し広げる手術です。
カテーテルを用いて行うため、侵襲も少なく、回復も早いとされています。

食生活の乱れからか、肥満であり、糖尿病も併発していたそう。

金正恩氏の父親の金正日氏や祖父の金日成氏も心臓疾患があり、更に肥満だったことから、「遺伝的なものもある」と言われています。

1960年6月、「赤い怪獣金日成の後継者は果たして誰」という見出しの記事には、「金日成はまだ若いのに病で臥せっているという噂もある。

しかし、日に日に肥大している。あまりに肉が付き過ぎて死ぬかもしれない」と、当時48歳の金日成主席の肥満を指摘する内容が出ている。金日成主席は1994年に82歳で死去した。死因は心臓発作と言われている。

金正日総書記も父のように肥満体型だった。金正日総書記は2011年、現地視察に向かう列車の中で心臓発作で死亡した。

引用元:朝鮮日報

食生活も似ているため、肥満体型になってしまうのでしょうね…。
スポンサーリンク

金正恩氏はなぜ心臓手術をした?

2月に狭心症の治療をしたばかりの金正恩氏。

なぜ2か月ほどで再度心臓手術をすることになったのでしょうか。

「金正恩委員長は、地方視察に出かけている最中、突然心臓に手を当てて倒れた。同行していた医師団は、慌てて心臓マッサージを施しながら、近くの救急病院に搬送した。

同時に、中国に、『すぐに医療団を北京から派遣してほしい』と緊急要請した。中国は、北京にある中国医学院阜外医院国家心血管病中心と人民解放軍301医院の医師らを中心に、器材なども含めて50人近い派遣団を組み、特別機で平壌へ向かった。

ところが、中国の医師団を待っていては助からないと見た北朝鮮の医師団は、緊急の心臓ステント手術を行うことにした。執刀に当たったのは、中国で長年研修を積んだ北朝鮮の心臓外科医だった。

引用元:現代ビジネス

この文章だけを読むと、心臓発作を起こし、時間の猶予が無い状態だったようですね。

金正恩氏が樹徳な状態に陥った原因は治療にかかった時間だとされています。

心臓ステント手術は、それほど難易度の高い手術ではない。最も重要な血管にステントを入れる施術自体は、1分くらいの時間で済ませられる。

ところが、執刀した外科医は、ものすごく緊張して、手が震えてしまった。かつ、金正恩ほどの肥満体を執刀した経験がなかった。それで、ステントを入れるのに、8分ほどもかかってしまったのだ。

その間に、金正恩委員長は、植物人間と化してしまった。中国の医師団が到着して診察したが、もはや手の施しようがなかった

引用元:現代ビジネス

どの情報をみても、重体となった原因は「心臓疾患」のようです。

スポンサーリンク

中国の医師団派遣はいつ?

中国は北朝鮮の要請に応じ、医師団を派遣したとされていますが、いつ派遣されたのかも情報が錯綜しています。

FNN PRIM

中朝関係筋は、FNNの取材に対し、心臓外科などの専門医6~7名が19日、北朝鮮に入ったと述べ、近く医療機器を持って行く可能性もあると明らかにした。

4月19日には北朝鮮に入ったとすると、それよりも前に、金正恩氏は倒れたことになりますね。

倒れたのはいつなのでしょうか…?

北京共同

3人の消息筋のうち2人によると、代表団は中国共産党中央対外連絡部の高官が率い、23日に北京を出発したという。

北京では22日の時点で既に、宋濤中央対外連絡部長が軍病院の医師らを連れて訪朝したとのうわさが出回っていた。

引用元:共同通信

出発した日時に関しても中国からは、はっきりした発表はなく情報は錯そうしています。

いずれにせよ、北朝鮮の要請に応じ、「救護のため」に向かったのでしょうが、はっきりしませんね…。

金正恩氏の情報に関する世間の声

【比較画像】金正恩の替え玉の見分け方は?違いは耳や生え際?影武者は15人とも!2020年4月21日、北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国の金正恩朝鮮労働党委員長が重体であるというニュースが入ってきました。 これまでに...
金与正の怖いエピソード3選!目が冷酷で「サイコパス」「人柄を疑う」とも話題に!金正日氏がら金正恩朝鮮労働党委員長へ政権交代した後から、メディアの前に姿を現すようになった金正恩氏の妹である金与正氏。 とても美人...
【2020】金正恩は生きてる?現在は元気で笑顔も!死んでない説が濃厚?2020年5月2日、北朝鮮が金正恩委員長の動静を20日ぶりに伝えました。 金正恩氏は2020年4月に心筋梗塞で倒れたとの情報があり...
スポンサーリンク

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/main.jp-8675db9095c133ca/web/neoti-blog/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/main.jp-8675db9095c133ca/web/neoti-blog/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9