芸能

【日向坂46】キャッチフレーズ「ハッピーオーラ」の意味。曲の中にも意味が書かれていた!楽曲「ハッピーオーラ」についても解説。

最近、人気急上昇中の日向坂46。

2019年12月23日にもテレビ番組「深イイ話」で特集されていました。

その中でも、頻繁に言われていた言葉が「ハッピーオーラ」

このハッピーオーラはどのような意味で使われているのか、調べてみました。

日向坂46、「ハッピーオーラ」の言葉の意味

日向坂46、乃木坂46、欅坂46…。

それぞれにキャッチフレーズがありますが、日向坂46のチームキャッチフレーズは

『ハッピーオーラ』

言葉の意味としては「見る人が幸せになるように」との意味が

込められているそうです。

また、ハッピーオーラを感じると、他の人とも共有したくなるとか。

「ハッピーオーラが広がっていくように」

との願いも込められているんですね。

実際に日向坂46から「ハッピーオーラ」を感じる人は

多いようです

2018年にはキャッチフレーズと同じ題名の

「ハッピーオーラ」という曲も発売されています。

この曲の中にも、「ハッピーオーラ」の言葉の意味が書かれていることを

知っていましたか?

歌詞についても見ていきましょう。

曲の中にも意味が書かれていた!楽曲「ハッピーオーラ」の解説。

2018年7月に発売された「ハッピーオーラ」。

グループの改名前なので「けやき坂46」のときに発売されています。

ハッピーオーラの意味が特に分か部分を抜粋してみます。

「大事なのは前を向くこと 全力出してい行こう」

「幸せになれるって思いこまなきゃ何も始まらない

ハッピーオーラの作り方」

「大事なのは前を向くこと 全力出していこう」

この部分は、聴く人に対する応援する言葉が使われていて、

ポジティブな気持ちになりますね。

また、「幸せになれるって思いこまなきゃ何も始まらない ハッピーオーラの作り方」

自分が辛い状況でも幸せになれる、

この状況は改善していくと思い込むことでが大事だよ、と

伝えてくれています。

日向坂46も様々な試練や苦労を重ねて開花したグループ。

それだけに説得力があり、共感を呼んでいるのではないでしょうか。

ハッピーオーラ前回の日向坂46、今後も活躍に期待

常に感謝の気持ちを忘れずに周囲へ接している日向坂46。

また辛い状況を乗り越えて今がある、という背景も他のグループとは

また違った味が出ている部分でもあります。

ますます人気が出ている日向坂46。

今後も活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク